スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏休みの科学工夫工作!

今日からやっと新学期が始まりましたね。

長い長い夏休みが終わって、
ほっとしています。

夏休みの後半は、ムスコたちの工作にずっと付き合っていました。

我が家は親が教えて力を入れてあげられるのが
工作くらいしかないので、
毎年夏休みの工作には力を入れて作らせています。

長男は今までに2回県展にも出品され賞もいただいているので、
今年はもっと大きな賞を取りたいと気合を入れていました。
アイディアの段階からなかなか決まらず、
「作りたいもの」と、「作れそうなもの」も噛み合わずに手こずっていました。
4年なのでレベルもそれなりに上がっていないといけないし・・・

そこで興味を持っていた空気砲と、電気を使ったおもちゃをつくることに。

IMG_7867_convert_20140901112042.jpg

空気砲で倒すボウリングです。

空気砲も普通のダンボールのものだと弱く倒れなかったので、
いろいろなタイプを作り、
一気に空気が押し出される強力な空気砲をつくってみました。

トイレットペーパーの芯で作ったピンを空気砲で倒し、
倒れたピンは後ろのスコアボードのランプも消える仕掛けです。

倒したあとはピンがひもを引くと一気に起き上がるように工夫もしました。




出来上がってみたら、簡単な装置のようにみえるけど、
ここまで来るまでに何度作り直したことか・・・
ホント、ものづくりの大変さを知りました。

でも楽しい工作ができて、
兄弟で取り合いながら遊んでいたのでいいのもができて良かったかな。





2年の次男の工作は、
磁石を使いました。

繋げた2本の釘を吊り下げて、その下に磁石を付けて、下から反発する磁石を近づけると
下につけた釘が逆らって面白い動きをするので
それを工作にすることにしました。

IMG_7860_convert_20140901111951.jpg

人形のの芯が釘になっています。
下の釘の下半身だけがブラブラ揺れる仕組み。

箱の中からは三匹のワニがそれぞれ違う動きをしながら
人形に近づきます。
人形の足とワニにそれぞれ反発する向きで磁石が仕込んであるので
反発して足がワニに食べられまいと動く仕組みです。





思ったより磁石の反発が弱くて動きが小さいですが、
本当はもう少しうまく動かせば大きく動きます。
(なんせ今日の朝あわてて撮った動画なので・・・)

磁石は加減がすごく難しいので、
位置などの調節がすごく難しかったです。

次男は粘土が好きなので
装飾を作るのは張り切ってつくっていました。
ワニは大きな洗濯バサミを使っています
仕掛けを作るのはやっぱり2年生には難しいですね・・・。

こちらも本人は大満足の楽しい工作が出来上がったので、
よかったです。






今年も二人分の工作の制作に疲れ果てた後半の夏休み・・・

仕掛けはおじいちゃん、電気は父親にも手伝ってもらって、
今年は家族みんなで制作した感じです(笑)

さて、今年も賞がいただけるでしょうか?







ランキングに参加しています!
クリックで応援をお願いします。   
     ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
(画面が切り替わったらポイントが入ります。)
いつもひと手間ありがとうございます♪













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。