スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店舗リノベーション⑦電気の配線

リノベーションしている店舗、
元々はスーパーだったこともあって、
配線が入り組んでいました。

ブレーカーもスイッチが本当にたくさんあって、
どの配線が使えるのか、どの配線が新たにいるのか・・・
さっぱりわからない状態でした。
近所の電気屋Kさんに確認していただいて、
電気を契約したら使える状態にしてもらった矢先に、
外のメーターから室内に送られる電気の線がイタズラ(窃盗?)で切って持っていかれるというアクシデントがあり、
外の配線のやり直しや
東電の電柱の工事やメーターの修理、
電気が店内で使えるようになる状態になるまでも
けっこう大変な思いをしました。

店内に電気が通ってからも、
天井裏の入り組んだ配線や新たにたくさん引かないといけない配線は
流石に夫や義父にもわからないらしく、
夫の仕事仲間の電気屋さんRさんに助っ人をお願いしました。


20150705_101543.jpg


電源盤をチェックしながら、
新たに配線をひとつずつ引いてくれているRさん

天井裏にあった使っていない古い配線も
きれいに取り除いてくれました。






20150705_105844.jpg

壁にあけた穴から天井を伝って
必要なところにコンセントがつけられるように配線を下ろしてくれました。






20150705_130914.jpg

コンセントをこの辺につけたい!
と言うと
その位置に壁から配線を出しておいてくれます。

ミシンやアイロンを置く予定の位置にも
全部コンセントがつけられるように配線を下ろしておいてくれました。




20150705_130859.jpg

元々付いていた古い蛍光灯の灯具も全部外して、
新しい蛍光灯の灯具に全部付け替えてくれました。
レールのスポットも新たに付けました。




表の真ん中にあるタバコ売り場のショーケース↓

20150705_151947.jpg

後々、小さなショーウインドウのようにしたいと思っているので、





1436087579176.jpg

(内側から見たところ)

ダウンライトをつけておいてくれました。




設計図に電気のコンセントの位置や電気の位置を書いておいて
それを見ながら配線をしてもらうのではなく、

その場で考えながら、
位置を決めていくので
電気屋さんにしたらすごくやりにくかったと思うけど、
私のわがままにも付き合って下さり
本当にお世話になりました。


5週にも渡り、毎週日曜にボランティアで来てくれたRさん、
本当にありがとうございました。

大方の配線をしていただいたおかげで、
一番大事な電気がちゃんと使えるようになりました。


お店が完成するまでRさんにはもう少しお世話になると思いますが、
本当に頼りになる電気屋さんで、
Rさんがいなかったらこのリノベーション作業もこんなに進まなかったと思います。
自前の器具や線もたくさん寄付してくださいました。
そのあたたかさに本当に感謝です。








ランキングに参加しています!
クリックで応援をお願いします。   
     ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
(画面が切り替わったらポイントが入ります。)
いつもひと手間ありがとうございます♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。