スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甚平をつくっています・・・

夏といえばお祭りですね。

私の育った成田の成田山祇園祭ももうすぐ。

今年も行くつもりですが、
3年前に子供たちに作った甚平がもうすっかり小さくなっていました。

そこで、今年は新調することに。

ちょうどパンドラハウスのセールだったので
イオンで生地と材料を買ってきました。

土日の空いた時間に少しづつ縫い進めて、
あとは衿と、おはしょりと、ひもとポケットを付けるところまで出来ました。

今年はポケットに刺繍をしようと思っているので
完成まではもう少しかかりそうですが・・・

IMG_6006.jpg

大人っぽいシブい生地に、はしごレースの白をポイントに。
あとはポケットの刺繍も白でする予定です。

そうそう、このはしごレース
お店で見つけられなくて店員さんに「はしごレースどこにありますか?」と尋ねたら、
「はしごレース???」とわからないようなので、
「甚平の袖と身頃のつなぎに使うレースです。」
と説明してみたら、
他の店員さんに聞きに行ってくれたのですが、
「取り扱っていません」というまさかの回答・・・
「売り切れですか?ほかの店舗ならありますか?」
と聞いてみても
「ほかの店舗でもたぶん取り扱っていません」と・・・

お店の前面に甚平や浴衣の生地を置いていて、
しかもこの時期に手芸屋さんでないなんてありえないと思って、
もう一度レース売り場をよくよく探してみたら端のほうにありました

手芸をやらなくてもいいですが、手芸屋の店員ならば
もう少しきちんと把握しておいてくださいな。

レジの時店員さんに「はしごレース、ありましたよ。」と言ってみたら、
「それ、はしごレースなんですか?編み編みのじゃなくていいんですか?」
と聞かれましたが・・・

編み編みのって、トーションレースのこと・・・?
これがはしごレースじゃなかったらこれは何のレースなの・・・?
って突っ込みたくなるところをおさえて苦笑いしてきました

これからも甚平を作る方がきっと買いに来ると思うので、
覚えておいてくださいよ・・・店員さん・・・取り扱ってますし・・・。



それから今回はパターンも一緒に買ってしまいました。
この先ももう一度くらい作るかもしれないし、教室にもおいておきたいので。

IMG_6008.jpg



縫い方の手順は本来は最後にする袖口や裾の三つ折りで縫うところを先にするとか、
見た目より少しばかりの縫いやすさ優先でした。

最近本でも作り方を簡単にするあまり、見た目のきれいさは二の次にする傾向が多いですが、
劇的に簡単になるわけじゃないし、本来の手順で縫った方がいいと思うんですよね。

裾を平面で三つ折りにするか、輪にしてから三つ折りにするか
という程度の差なので。

とにかく、縫う手順は本来の手順に戻して縫い進めています。


なんだか今日はグチっぽくなってしまいましたが、
店員さんはあまりあてにならないことと
簡単をウリにしている手順もあてにならないってことでした

さて、もう少し作業して完成を目指しますね







ランキングに参加しています!
クリックで応援をお願いします。   
     ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
(画面が切り替わったらポイントが入ります。)
いつもひと手間ありがとうございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。